美白ケアでシミへの効果を感じなかったことはありませんか?

シミを消したい!
そんな悩みで美白ケアを思い切って買ってみたけど
いまいち効果を感じない・・・

 

あなたはそんな経験ありませんか?

 

 

私は自分のシミを薄くしたくて美白スキンケアを探していました。

 

そこでいくつかのネットで有名な美白ケアを試してみました。
そんな中でよく見つけるのが効果の高いものランキング。

 

ここでは、逆にシミを薄くする効果がいまいちだった 『ダメだったランキング』
を作ってみました。

 

あなたも美白ケアでのシミ消しに失敗しないために参考にしてみてくださいね。

 

ここでは、

  • シミはスキンケアで消すことができるの?
  • シミをケアするスキンケアの正しい選び方について
  • シミ消しにおすすめの3選&いまいちだった3選
  • 自分に合うシミケア商品の見つけ方

について解説してきます。

 

 

シミはスキンケアで消すことができるの?

シミがスキンケアで薄くできるのか悩む女性

 

シミを自宅で手軽に薄くしたり消したいと思う方は多いはず。
そこでまず使われるのがスキンケアですよね。

 

美白効果があるクリームや美容液でケアすることでシミを目立たなく薄くすることはできます。

 

ここで注意点が1つあります。
シミをセルフケアで薄くできるのは次の「3つのシミ」ということを覚えておいてください。

 

  • 老人性色素班(紫外線や老化が原因)
  • 炎症性色素沈着(虫刺され跡、ニキビ跡、傷あとなど)
  • 肝斑(頬などに左右対称にできるシミ)

 

セルフケアでシミ消し効果が期待できるシミの種類

 

 

そばかすや、イボのように盛り上がったもの、背中に花びらのようにできるシミはセルフケアには向いていないシミになります。
薄くするには美容医療が効果的です。(レーザー治療)

 

 

シミ消しにおすすめの3選&いまいちだった2選

 

 

私が実際につかったスキンケア商品はこちら。

 

  • アンプルール
  • サエル
  • ビーグレン
  • スーパーホワイト
  • ジュランツ
  • POLAホワイトショット

 

どれも美白ケアではネット通販では有名な商品です。

 

どのスキンケアも美白美白とアピールしていました。

 

私のシミが薄くなったかどうかという観点で比較し、おすすめの3つといまいちだった2つを決めました。
(あくまで個人の感想になりますので参考までにしてください。効果を保証したり、評価を下げる目的ではありませんのでご承知おきください))

 

シミ消し効果に関して効果がいまいちだった2選

 

サエルの特徴
敏感肌専門の美白スキンケア。アルコールや香料、紫外線吸収剤を使っていないのでとてもお肌にやさしいのが特徴。
敏感肌をケアしながらシミ予防やくすみ改善ができる商品。
価格
1480
評価
評価3
備考
シミ予防やくすみには効果があるが出来てしまったシミを薄くする効果は感じられなかった。

スーパーホワイトエクストラの特徴
スーパーホワイトエクストラは「ドクターリセラ」が開発した美白美容液。
全国のエステ1800店で使用されている高級美白液で100万本以上も売り上げる人気商品です。

フラーレンやαアルブチン、APPSなどの美白成分にミネラルたっぷりの海水を加えてあり美白とエイジングケアの両方を叶えたい方におすすめ。
価格
3780
評価
評価3.5
備考
海洋深層水をつかった珍しいスキンケアです。化粧水やクレンジング、石鹸などもついたトライアルを買えば人気の美白美容液も入っているのでおすすめ。お肌の透明感UPに効果あり!シミを薄くする効果は???

 

シミ消し効果に関して有効と感じた3選

 

ビーグレン ホワイトケアの特徴
薬学博士のブライアン・ケラーが提唱する独自の美白理論に基づいた化粧品シリーズ。 ネットでも美白(シミ消し)といえばビーグレンと言われるくらい人気と実力の両方があります。 浸透に注目し、有効成分をしっかりと肌に届けるテクノロジー「QuSome」を開発しました。QuSomeが配合された化粧品は、浸透度が良いことが特長。シミに対してはハイドロキノン配合のクリームでケアするのでシミへの効果に期待が持てます。
価格
1944
評価
評価5
備考
とにかく効果を実感するのが早かった。これがビーグレンの浸透技術なのかと驚き!シミ以外にも美肌効果もあって満足度が高い商品と言える。

アンプルールの特徴
美容皮膚科の女医が開発したスキンケア。美白もエイジングケアも人気のアンプルール。 独自の成分「新安定型ハイドロキノン」を配合し、お肌への負担を少なくしたシミ消し美容液が話題。 従来のハイドロキノンよりもメラノサイトに入りやすく、シミやそばかすといった肌のトラブルの原因となってしまうメラニンの生成を抑制。美白を知り尽くした医師だからこそ開発できる美容液・化粧水です。ドラマのメイクでも使用されている実力派で芸能人も愛用。
価格
1890
評価
評価4.5
備考
シミを薄くする効果は少し実感できたかな。美容液を2本使っても思うようにはシミが薄くならなかった点が気になった。時間がかかるのかも。

ジュランツの特徴
高須クリニックの女性皮膚科医師が開発を手がける化粧品シリーズ。特に、肌のターンオーバーに着目してつくられています。EGF・FGF・IGFといった成長因子を全ての商品に配合!美白にはAPPSを使用。粉末にしたAPPSを自宅で化粧水に混ぜて美容液を作るという画期的な方法でアプローチ。 全部で11点も入ったトライアルはエイジングケアも美白も叶えてくれるアイテムがぎっしり。
価格
5000
評価
評価4
備考
粉末にしたAPPSとビタミンE配合の美容液はシミケアには効果的と感じた。高濃度配合なので結果を出したい人は使って欲しいアイテム。ターンオーバー促進によるシミの排出が期待できる。

 

 

 

ビーグレンが一番シミ消しの効果が高かった!

 

 

私が使ってみた感じではビーグレンが一番シミへの効果が高かったと感じました。

 

画像を載せたいところですがNGなので残念です。

 

サエルやスーパーホワイトに関しては、シミ消しの効果はほとんど感じることはできませんでした。
やはり、予防に重点を置いているからでしょうか。

 

アンプルールは「シミの消しゴム」というキャッチフレーズもあるくらいなのでシミを薄くする効果は確かにあるようです。

 

ハイドロキノンというシミ消しの最強成分も使っている点もポイントが高いです。

 

ハイドロキノンは
メラニンの合成を抑制し、できてしまったメラニンを薄くする作用があると言われています。
つまり、シミ予防とシミ消しの両方の効果が期待できる成分です。

 

美白効果はアルブチンやビタミンCやコウジ酸の10〜100倍
とも言われています。

 

なぜアンプルールではなくビーグレンが一番よかったの?

 

ビーグレンを使ってみて感じた「効果の早さ」には本当に驚きでした!

 

トライアルではくすみ抜けの効果をかなり感じましたし、シミは薄くなってくれそうな感じがとてもしました。
なので、現品を買って使用していました。

 

3ヶ月もすると肌はきめ細かくなって、シミも薄くなって目立たなくなった感じがしています。

 

 

ここがすごいぞ!ビーグレンのポイント

 

  • シミ消しの最強成分のハイドロキノンを独自の浸透技術でお肌の奥まで浸透する!
  • ハイドロキノンを1.9%も配合!
  • お肌への刺激が少ない処方になっている!
  • 保湿効果が高い化粧水!
  • ビタミンC誘導体やVCエチルなど美白有効成分を配合!
  • 美白クリームは顔全体にぬるので顔全体に透明感がでてくる!

 

ハイドロキノンは配合のクリームは浸透力のおかげで、4%と同じ効果があるそうです。

 

 

 

 

トライアルの価格は1944円(税込)で送料無料。

 

化粧水・美白美容液・美白クリーム・エイジング&保湿クリームがセットに入っています。

 

7日間のトライアルセットなのですぐに使い終わりますが、
これだけでも
「あれ!!いつもとお肌がちがうな!」
とお肌の変化に気づくことができると思います。

 

リピート率も高いシミに悩んでいる人にはおすすめのスキンケアといえます。

 

365日の返金保証もあるので安心して始められますよ。

 

 

 


シミをケアするスキンケアの正しい選び方について

シミ消しを自宅でセルフケアする際にはどんなことに気をつけてアイテムを選択すればいいのでしょうか。

 

ここでは3つのポイントがあると考えます。

 

  1. 美白有効成分が配合されているか
  2. ハイドロキノンなどのメラニン還元作用(シミを薄くする)が配合されているか
  3. 保湿力はしっかりあるか

 

美白有効成分が配合されているか

日本では厚生労働省が認定した美白有効成分といものがあり、約20種類ほどが認定されています。

 

この美白有効成分が入っている商品には「薬用」「医薬部外品」「美白」という表現が認められており、パッケージや広告にもこのような表現がされています。

 

 

シミをケアするためにはどのような作用がある成分がよいのかというと、
「シミを予防する効果」と「シミを薄くする効果」の2つが兼ね備わった成分が理想ということになります。

 

シミの予防効果・・・チロシナーゼ活性阻害

 

シミを薄くする効果・・・メラニン排出促進、メラニンの還元作用

 

 

有名な美白成分を例にしてみると・・・

 

アルブチンやトラネキサム酸、コウジ酸などはシミを予防する(チロシナーゼ活性阻害)効果が高いとされています。

 

ビタミンC誘導体はというと、「シミを薄くする+予防する効果」があるとされ、よく美白化粧品に配合されています。

 

ビタミンC誘導体がシミへの効果が高い

 

 

ビタミンC誘導体とは、肌の角質層までビタミンCを浸透しやすくした成分です。
ビタミンC自体では肌に浸透しにくいので、角質層まで浸透しやすく、安定した成分に改良したものが、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、両性タイプに分けられます。

 

両性ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性、両方の性質を持ち、角質層まで浸透しやすく安定化したという特徴があります。

 

なのでビタミンC誘導体を選ぶときは両性のものがおすすめと言えます。

 

 

◆ビタミンC誘導体の成分表示例

 

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、リン酸アスコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、・アスコルビン酸グルコシド、・アスコルビルリン酸Naなど

 

APPSが一番効果的!
APPSは両性タイプのビタミンC誘導体。この成分配合のものがおすすめ!

 

 

ハイドロキノンは配合されているか

 

ハイドロキノンは「シミの漂白剤」ともいわれる成分で、海外ではシミ消しによく使われています。
日本では、2001年に化粧品への配合が認められましたが、それまでは医師の処方が必要でした。

 

ハイドロキノンもビタミンC誘導体と同じように、
「シミを薄くする+予防する効果」があるとされています。

 

美白効果に関しては、上記のアルブチンやコウジ酸などの約100倍もの効果があるとされているんですよ。

 

しかし、ハイドロキノンは不安定で扱いにくい点と刺激が強いという点から美白有効成分には認定されていません。

 

皮膚科でもシミの相談にいくとハイドロキノンのクリームが処方されるくらいなので、シミ消しを積極的に行いたい方には外せない成分かなと思います。

 

 

保湿力はしっかりあるのか

 

シミの原因は紫外線の影響によるものが一番大きいですが、実は肌の乾燥もシミの原因の1つとされてます。

 

年齢を重ねたり、肌が敏感にな状態にあると肌の表面の保水力が低下してしまいます。
すると、肌を外的刺激から守っているバリア機能が正常に働かなくなってしまいます。
バリア機能が正常に働いていない肌は、紫外線などの外的刺激の影響をダイレクトに受けてしまい、シミが出来やすい肌になってしまうと言われています。

 

 

なので、肌が乾燥しないような保湿ケア成分も入っているアイテムを取り入れることがシミケアでは大切になってきます。

 

 

 

自分に合うシミケア商品の見つけ方

自分にあうスキンケアがどれなのか悩んでいる女性

 

シミを薄くしたり予防したいと考えている方には、
美白有効成分だったり、シミを排出する作用やシミの還元作用がある成分が必要だということがわかって頂けたかと思います。

 

そこで、自分にはどんなシミケアが合うのかわかりませんよね。

 

コウジ酸配合のスキンケアがいまいちでも、
アルブチンやビタミンC誘導体配合のものなら効果を感じることもあります。

 

そこで一番おすすめの方法は、トライアルセットを使ってみることです。

 

また、サンプルの使用でも肌に合うのか合わないのかくらいはわかりますのであればもらってみましょう。

 

 

なぜ、このようなお試しが必要なのかというと、肌に合わなかった時のリスクを避けるためです。

 

  • つけた時に、かゆみが生じる
  • 肌表面がピリピリとする
  • お肌にしみる

 

万が一、このような症状が現れたら、すぐに使用を中止してください。肌にあっていない可能性が高いです。
赤みや痒みがひどい場合は皮膚科での受診も必要です。

 

自分にあう美白ケアを見つけるポイント

 

  • 気になる商品をトライアルセットで試す
  • 1〜2ヶ月使っても効果がなかったら他の成分が配合されたものにしてみる

 

ただし、シミを消したいと思っている場合は、短期間でできることではないことも知っておきましょう。

 

長い年月がかかってできたシミはそう簡単には消えてくれません。
じっくりちょっとずつ薄くなっていくので根気が必要になってきます。

 

もし、あなたが、すぐにでもシミを消したいと思うなら、セルフケアではなく、美容皮膚科でレーザー治療を受けることをおすすめします。

 

 

こんな美白ケアには騙されないで!!


効果のない美白ケアやアイテムを使い続けて無駄な時間やお金を費やしていませんか?

 

ここでシミ消しのスキンケアを探すにあたって失敗しないために、いくつかチェックポイントを紹介しますね。

 

  • そのメーカーは信用できますか?
  • シミ消し成分(ハイドロキノンなど)は入っていますか?
  • その成分は本当にお肌の奥まで浸透していますか?
  • サポート体制は大丈夫ですか?
  • 保湿にも力をいれていますか?

 

これらすべてをチェックして全てOKなら大丈夫でしょう!

 

 

 

更新履歴
TOPへ