シミ消しをする上で必要な条件ってあるの?

シミ消しをするには普通の美白ケアをつかっていたのでは全く効果がでない・・・

 

そんなことに気づいたのはつい最近のことです。

 

20代では美白化粧水を使っていました。
この化粧水だけでシミが消える&防げるとおもって
他にはなにもしていませんでした。

 

そのつけがきたのか、
20代後半にはシミがポツポツと出来始め、
30代になったときにはかなり目立つ感じに・・・

 

この経験から気づいた、シミ消し&シミ予防で必要な条件について考えてみましょう!

 

シミ予防

 

紫外線対策


シミ予防で最も大切なのが紫外線対策です。
シミはできないよに予防することが一番重要なんですよ。
できてしまったシミを消すのは時間もかかりますのでできないように予防しましょう!

 

日焼け止めはもちろん、日傘やサングラスをして紫外線をお肌に浴びないようにしましょう!

 

ビタミンCの摂取

紫外線を浴びてしまったらビタミンCをお肌に入れてあげましょう!

 

ビタミンA、ビタミンC、 ビタミンE 。どれも紫外線対策に非常に有効な栄養素。
特にビタミンCは紫外線対策に効果のある化粧品にも多く使われています。
ビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きのほか、肌のハリの元となるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあります。

 

紫外線の強い時期に育つ果物は基本的に皆この栄養素が多いもの。
特にビタミンC が多く、美白に効果のある食べ物として挙げられるのがトマトです。

 

 

トマトはビタミンCだけでなく、A、Eも豊富。

 

中程度の大きさのものを2個摂取すれば1日のビタミンACEの摂取量の半分以上が補えるという優れもの。
また、最近注目されている、トマトに含まれるリコピンは肌の老化を抑える抗酸化力が抜群!
低カロリーで高い効果。ぜひ、紫外線の強い力には積極的に取り入れてくださいね。

 

 

シミを消す成分を使う!

 

ハイドロキノン配合の美容液やクリームを使う!

 

ハイドロキノンはいまのところ「シミ消しの最強成分」と言われています。
ハイドロキノン配合のものでなければ
シミ消し効果は非常に薄いとおもって間違いないでしょう。

 

ハイドロキノンは
メラニンの合成を抑制し、できてしまったメラニンを薄くする作用があると言われています。
美白効果はアルブチンやビタミンCやコウジ酸の10〜100倍
と言われています。

 

ハイドロキノンは5%以下の濃度ならお肌に問題がないとされています。
美容皮膚科にいってもシミ消しにはハイドロキノンの軟膏が処方されます。

 

美容皮膚科の場合は化粧品会社のスキンケアよりも
高濃度の場合が多いので効果が高いと考えられます。

 

スキンケアに含まれる濃度は2%くらいなので、お肌への負担も刺激も心配ないでしょう。

 

 

レーザーで消す!

 

 

美容皮膚科ではシミ取りのレーザー治療があります。
価格もシミの大きさや範囲で変わるので小さなシミなら安価にできると思います。

 

このレーザーの場合は少し恐怖心というか
不安感が高くなってしまうのでしっかりと医師の説明を聴いて納得したうえで行ってください。

 

時間はかかるけど、お肌への負担が少ないスキンケアでシミを消したいなら
ビーグレンをおすすめします!!